遺伝ハゲ 育毛剤

遺伝ハゲには全く効果がなかった育毛剤・・・

36才を過ぎたあたりからでしょうか、薄毛が気になり始めたのは・・・

 

 

 

当時は気のせいだろうと思っていたのですが、前髪の生え際がどんどん薄くなってきて、
明らかに生え際が後退してきていたのです。

 

僕の場合、親父がハゲで、母親の父親である祖父母もハゲ。
いわゆるハゲ家系に僕は生まれているのです。

 

ハゲは遺伝する、遺伝でハゲる、と巷では言われたりしますが、僕はまさにそれ。
遺伝によるハゲが徐々に僕に忍び寄っていたのでした。

 

「このままではヤバい!」
「早く対策しないと!」

 

と焦っていた僕は、とりあえず育毛剤を使用することにしました。
僕が最初に試したのが、スカルプDの育毛剤「スカルプジェット」という育毛剤でした。

 

 

当時、スカルプDはテレビCMなどでもよく目にしており、なんとなく効きそう
というイメージがあったので、とりあえずスカルプジェットを使用することにしたのです。

 

スカルプジェットを半年ほど使用しましたが、効果は全然ありませんでした
前髪の生え際はますます後退しているような。。。

 

育毛剤が効く、効かない、はその人の体質にもよるもの。
スカルジェットが効かなかったのは自分との相性がよくなかったからと思い、
使用する育毛剤を別のものにしました。

 

次に僕が選んだのが「リアップX5プラス」という育毛剤。
リアップはテレビCMでもおなじみの育毛剤で以前から知っていました。

 

 

ミノキシジルという血行促進効果の高い医薬成分が含まれていることで
厚生労働省からも認められている育毛剤だとか。

 

期待を胸にリアップX5を購入し、毎日使用しました。
生え際が後退している前髪を特に重点的に、朝晩の2回、毎日欠かさず使いつけました。

 

どんな育毛剤も、効果が表れるまでは、3ヶ月はかかるとのこと。
リアップX5を5ヶ月間ほど使用したのですが、全然効果はありません・・・
薄毛は治るところか、前髪の生え際はますます後退しているような気さえしました。

 

 

遺伝ハゲの僕に効かなかった育毛剤
  • スカルプジェット(6ヶ月間使用)
  • リアップX5プラス(5ヶ月間使用)

遺伝でハゲるとはどういうことか!?

1年間近く毎日欠かさず育毛剤を使い続けたにも関わらず、全く治らない僕の薄毛・・・

 

いまだ独身の僕です。
ハゲている男性を好む女性などまずいません。
このまま薄毛が広がっていくと、結婚すらできずお先真っ暗な人生に・・・

 

”遺伝だからしょうがない”と思いつつも、そんな簡単には諦められません。
ハゲていく前髪を、ただ指をくわえてみて見ているなんて僕にはできませんでした。

 

そこで僕がやったのが、正しい知識を身につけること。

 

  • 「遺伝でハゲる」とは一体どういうことなのか?
  • 遺伝でハゲる人とハゲない人がいるのはなぜなのか?
  • 遺伝ハゲの対策は、何が一番効果的なのか?

 

ということについて、自分なりに調べてみることにしたのです。
ネットはもちろんのこと、薄毛関連の書籍なども購入して、暇さえあれば知識の習得に努めました。
とにかく、このままハゲたくないという一心からでした。

 

自分なりに調べた結果、「遺伝ハゲ」について分かったこと、
「遺伝ハゲ」について得た正しい知識をシェアしたいと思います。

 

 

 

遺伝ハゲの原因

「遺伝でハゲる」と巷ではよく言われますが、
遺伝でハゲる理由を正しく理解している人は少ないと思います。

 

 

結論から言って、遺伝でハゲるのは男性ホルモンが原因です。

 

 

男性であれば、誰しも体内に男性ホルモンが流れています。
男性ホルモンが流れているにも関わらず、遺伝でハゲると人と遺伝でハゲない人がいます。
遺伝でハゲる、ハゲないの違いは、男性ホルモンの影響を受けやすいか受けにくいか
ということに言い換えることができます。

 

男性ホルモンの元々の成分は、テストステロンという物質です。
この物質が、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の還元作用を受けて、
テストステロンからジヒドロテストステロンへと変換されます。

 

そしてこのジヒドロテストステロンが、アンドロゲンレセプターと呼ばれる
男性ホルモン受容体と結合することで脱毛が進行していくのです。

 

 

ジヒドロテストステロン + アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体) → 脱毛作用

 

 

遺伝でハゲる人のハゲ方というのには、以下の特徴ががあります。

 

  • 前頭部が薄くなる、前髪の生え際が後退する
  • 頭頂部が薄くなる
  • 前頭部+頭頂部が同時に薄くなる

 

 

男性ホルモン受容体のアンドロゲンレセプターは、男性の前頭部と頭頂部に密集して分布しており、
前頭部か頭頂部、もしくは前頭部+頭頂部に薄毛の症状が表れます。

 

遺伝でハゲる原因は男性ホルモンですが、遺伝でハゲる人は、
男性ホルモンの影響を受けやすい人で、男性ホルモンの影響を受けやすい
遺伝子を引き継いでいるのです。

 

逆に遺伝でハゲない人は、男性ホルモンの影響を受けにくい人です。
男性ホルモンの影響を受けにくい遺伝子を引き継いでいるため、
男性ホルモンの影響ではハゲにくいのです。

 

 

  • 遺伝でハゲる人・・・髪が男性ホルモンの影響を受けやすい
  •  

  • 遺伝でハゲない・・・髪が男性ホルモンの影響を受けない

 

 

男性ホルモンの感受性は遺伝します。
髪が、”男性ホルモンの影響を受けやすいか、受けにくいか”、が遺伝するということです。

 

 

 

遺伝ハゲ対策で一番重要なこと

遺伝ハゲの原因は、男性ホルモンであり、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質です。
ジヒドロテストステロンが、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体と結合することで、
薄毛が進行するのです。

 

遺伝ハゲの原因物質は、ジヒドロテストステロンです。
ジヒドロテストステロンの発生を抑えることが、遺伝ハゲの一番の対策です。
ジヒドロテストステロンが発生しなければ、遺伝ハゲは進行しません。

 

で、ジヒドロテストステロンという物質ですが、この物質はテストステロンという
男性ホルモンの元々の成分が5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素の働きによって発生したものです。

 

 

テストステロン + 5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン

 

 

ジヒドロテストステロンの発生を抑えるためには、5αリダクターゼ酵素の働きを抑えることです。
5αリダクターゼの還元作用を抑えればジヒドロテストステロンは発生しないのです。

 

 

遺伝ハゲ対策で一番重要な事
  • ジヒドロテストステロンの発生を抑えること

(ジヒドロテストステロンの発生を抑えるためには、5αリダクターゼの働きを抑えること)

遺伝ハゲに効く育毛剤、効かない育毛剤・・・

それまでやみくもに育毛剤を使用してきた僕でしたが、遺伝でハゲるとはどういうことなのか、
遺伝ハゲ対策で一番重要な事が何なのか、ようやく理解することができました。

 

遺伝ハゲの原因は男性ホルモンであり、遺伝ハゲを抑えるためには
ジヒドロテストステロンの発生を抑えることがポイントになります。

 

遺伝ハゲの僕がこれまで使用してきた育毛剤がスカルプジェットとリアップX5でしたが、
いくら使っても全く僕には効果がありませんでした。

 

それもそのはず!

 

スカルプジェットやリアップX5には、抗男性ホルモンの効果が全くなかったからです。
抗男性ホルモン効果、つまりジヒドロテストステロンの発生を抑える効果が、
スカルプジェットやリアップX5には全くなかったのです。

 

遺伝ハゲ、つまり男性ホルモンが原因の僕の薄毛に効かないのも当たり前でした。

 

遺伝的にハゲる要素が満載の僕が使用すべき育毛剤は、
抗男性ホルモン効果がある育毛剤だったのです。
つまり、ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果がある育毛剤です。

 

にも関わらず、僕が使ってきたスカルジェットやリアップX5には、
ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果が全くなかったのです。
今思えば、僕の薄毛に効果がなかったもうなづけます。

 

遺伝ハゲ(男性ホルモンが原因のハゲ)に効く育毛剤と、
効かない育毛剤は、抗男性ホルモン効果があるかないかで分かれます。

 

 

遺伝ハゲに効く育毛剤、効かない育毛剤
  • 遺伝ハゲに効かない育毛剤・・・抗男性ホルモン効果がない育毛剤
  • 遺伝ハゲに効く育毛剤・・・抗男性ホルモン効果がある育毛剤

(※抗男性ホルモン効果・・・ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果)

 

 

この事にようやく気づいた僕は、使用する育毛剤を片っ端から調べ直しました。
僕が使用すべきは、抗男性ホルモン効果のある育毛剤であり、
抗男性ホルモン効果がなければ、遺伝ハゲは治らないと分かったからです。

 

世間には、山ほどたくさんの育毛剤が存在します。
その育毛剤を、抗男性ホルモン効果がある育毛剤、ない育毛剤で分類すると以下のようになります。

 

 

抗男性ホルモン効果がない育毛剤

スカルプジェット、リアップX5、アデノバイタル、モウガ漲、リアップジェット、リアップ、アデノゲン、
M-1ミスト、アロエ育毛液、カロヤンガッシュ、カロヤンアポジカ、フレッシュトニック柑橘EX、
バイタルチャージ、加美乃素、カロヤンプログレ等・・・

 

 

抗男性ホルモン効果がある育毛剤

チャップアップ(僕が今使っている)、プランテル、モウガシナジーX、ポリピュアEX、
リデン、バイタルウェーブ、Deeper3D、MSTT1、ブブカ、フィンジア、イクオス

遺伝ハゲの僕が、現在使っている育毛剤・・・

スカルプジェットとリアップX5を使いつ続けた約1年間・・・
全くムダな事をしていた約1年でした。

 

スカルプジェットやリアップX5を使っても僕のハゲが治らないのは当たり前。
なぜなら、抗男性ホルモン効果が全くないわけですから。

 

僕の”遺伝ハゲ”の最大の原因は、男性ホルモンであり、
”遺伝ハゲ”の僕が使用すべき育毛剤は、抗男性ホルモン効果がある育毛剤だったのです。

 

にも関わらず、その事を全く理解していなかった僕は、”なんとなく効きそう”という
曖昧な理由で育毛剤を選びを使用していたのです。

 

今思えばムダな事をしていました、無知だった自分が悔やまれます。。
ですが、過ぎた過去を悔やんでも仕方ありません。

 

多少薄毛は進行してしまったかもしれませんが、
ちゃんとしたケアをすれば、今からでも絶対間に合うはずです。

 

抗男性ホルモン効果のある育毛剤を使用すべきだということがわかった後、
僕が次に選んだ育毛剤がチャップアップとい育毛剤でした。

 

【遺伝ハゲを治す育毛剤】※僕はこの育毛剤で救われた(38才男性)。

 

この育毛剤の最大の特徴が、優れた抗男性ホルモン効果
遺伝ハゲの原因である男性ホルモン、ジヒドロテストステロンの発生を
抑える効果が非常に高いことで定評のある育毛剤です。

 

抗男性ホルモン効果のある育毛剤を、”ジヒドロテストステロンの抑制力”という観点で
比較すると以下のような違いがあります。

 

 

ジヒドロテストステロン抑制力比較
  • チャップアップ・・・★★★★★
  • プランテル・・・★★★☆☆
  • モウガシナジーX・・・★★☆☆☆
  • ポリピュアEX・・・★★☆☆☆
  • リデン・・・★★☆☆☆
  • バイタルウェーブ・・・★☆☆☆☆
  • Deeper3D・・・★☆☆☆☆
  • MSTT1・・・★☆☆☆☆
  • ブブカ・・・★★★☆☆
  • フィンジア・・・★★☆☆☆
  • イクオス・・・★★★☆☆

 

育毛剤の効果効能というのは様々であり、育毛剤によって
様々な有効成分が含まれています。

 

ですが、”遺伝ハゲ”で悩む僕が最も注目すべきは抗男性ホルモン効果であり、
その効果が最も高いのがチャップアップという育毛剤でした。

 

 

チャップアップを使い続けてもうすぐで1ヶ月です。
まだ1ヶ月なので目に見えたハッキリとした効果は表れてはいませんが、
どことなく髪がシッカリしてきたような気がします!!(この感覚は初めて!)

 

遠回りしましたが、”遺伝ハゲ”の僕が、本来使用すべき育毛剤は
チャップアップだったと今はハッキリ言えます。

 

僕のように”遺伝ハゲ”で悩んでいる男性も多いと思いますが、焦りは禁物です。
焦ってむやみに育毛剤を選んでも”遺伝ハゲ”は治りません。
遺伝でハゲとはどういうことなのか、遺伝でハゲる原因は何なのかということを
ちゃんと理解した上で育毛剤を選択しなければいけません。