遺伝ハゲ 育毛剤

父親と同じM字ハゲ・・・遺伝で前髪が後退ししまった私。

自分のハゲに初めて気づかされたのは30代半ばでした。
会社の同僚から「頭、ヤバくない?」と言われたのがきっかけでしたが、
そのときはまだ自覚はほとんどありませんでした。

 

なぜならハゲの部分が頭頂部だったからです。
当時、鏡で自分の髪の毛を見ても自分のハゲにはほとんど気づかなかったからです。

 

その後、40代になるにつれ、頭頂部だけでなく頭部の前側がなんとなく薄くなってきたことを
薄々感じてはいましたが、自分の中ではハゲることがまだ信じられませんでした。

 

自分の頭部は鏡で毎日見るため、なかなかハゲに気づかず、あるいは気づいても
気づかないフリをしていましたが、30代と40代の写真を見比べたときに
あきらかに頭髪が少なくなっていたことで、自分のハゲを決定的に認識させられました。

 

高校時代、友人に「将来、俺、ハゲるわぁ」と冗談で言ったことがあります。
なぜなら、父親も祖父もハゲていたからです。
まさか、それが本当になるとは思っていなかったので実際にハゲたときにはかなりショックを受けたのを覚えています。
また、自分のハゲはM字父親も同じM字ハゲだったので遺伝によるものだと思っています。

 

 

髪が薄くなってきて悩んだことは、やっぱり見た目がカッコ悪いということと年齢が老けて見られるということです。
40代のとき高校時代の同窓会がありましたが、そのとき、ハゲていたのは自分だけで、
他の友人たちの中には見た目30代のような友人もいるのに自分だけハゲのせいで老けて見えたのはショックでした。

 

ハゲ対策については育毛ローションを使いました。
男性用ではなく女性用の育毛ローションでした。

 

※遺伝ハゲに効く育毛剤と効かない育毛剤はコチラでご確認を→

 

男性にも効果があるということだったので、ものは試しということで使ってみましたが、
使っている当時は何となく髪の毛の減り具合が少なくなったような気がしていましたが、
実のところどうだったかはわかりません。

 

他には男性専用サロンに通ったこともありました。
散髪と同時に頭皮のマッサージと洗髪を専用機械で行うといったものでしたが、
あまり効果は実感できなかったので数回、通っただけでした。

 

ちなみに現在のハゲの状態は頭頂部と前髪がほぼ薄毛のM字状態といった感じです。
洗髪の際、頭頂部を触ってみるとあきらかに髪の毛が薄く、ほとんどない状態なんだなぁというのが実感できます。

 

頭部の横側の部分は依然とあまり変化がないため、余計にハゲ具合がわかってしまうので散髪のときは
「横も後ろも5ミリ程度に刈り上げてください」といった感じでハゲがなるべく目立たないような髪型にしています。